長田裕希子

店舗継続の絶対条件

こんにちは。東京美容矯正スクールのおさだです。

 

店舗継続の絶対条件。

 

◆まず、現実面では

【キャッシュ(現金)があること】

究極、どんなに大きな赤字が続いてもキャッシュがあれば継続可能なのです。

「昨年は支援金や協力金で乗り越えられたけど、今年はいよいよ苦しい…」というサロンさんが多いようです。

 

情報を集めれば救済措置はたくさんあります。

 

最近は月次支援金というものや、

利息ほぼナシで公庫さんから融資が受けれたりとか。

 

正直苦しいという方は、思い切ってそういう措置を早めに受けて

キャッシュの確保をする事をお勧めします。

 

資金がなくなって不安になると、おかしな判断したりしますから(^^;)

融資には抵抗がある人も多いと思いますが、手をつけなくてもあるだけでメンタルは保たれるものです。

 

 

◆そして接客面。

技術の腕が良いのはもちろん(当たり前)ですが、『人間性』が高い人は売れっ子セラピストになるどころか、人生何やっても上手くいくと思うんです。そしてこれは高価な物やサービスを扱うほど必要なスキルになってくると思います。

 

 

以前、併設サロンのお客様と話していたら「車買ったんです〜」と。車種を聞いたらベンツ!!

しかも、たまたま隣の違うメーカーの車屋で買う予定だったのに、せっかくだからとベンツに寄ったのがきっかけで、そのまま契約したそうです。

 

「もっと全然安いメーカーの車買う予定だったんですけどね〜(^_^;) 」

と言うので、

 

「じゃぁ、なんでベンツになっちゃったんですか?!」と聞いたら。

 

「すご〜く感じの良い営業の方だったので^_^」

って。ただそれだけで決めたそうです。

 

よくよく聞いたら、その営業の方は最近まで全然違うサービス業だったらしいのですが、ベンツの営業トップの人にその人間性を見初められてスカウトされてたそうで…。

 

その引き抜いた人もすごい。

そしてやっぱり人間性ってとても大事だなと思いました。

 

また、逆に人間性で失敗する事もありますよね。

 

これも先日、お客様が家を買うときに

 

「もう契約寸前だったのにね、いきなり《他の候補者が現れました》って言ってきたの!高く買う方に売るって。高かろうが何だろうが、その人の事もう信用できないから怒って解約してやったわよ!!」って。

 

えええ?ホントなの?!って疑うくらいヒドイ話しですよね。

きっとその不動産の方は、そんなに怒るとは思ってなかったんでしょうねw

 

 

誠意ってすごく大事。

誠意をググったら

「私欲を離れて正直にまじめに物事に対する気持ち。まごころ」だそうです。

 

個人的には

・謙虚であること

・約束を守ること

・うそをつかない

・素直であること

って感じかな。

 

 

そうそう、これ、たまに質問されるのですが

「海外から久しぶりのお客様が予約してきたんですけど、どうにかしてご案内してあげたいから〇〇さん(←とても感じの良い常連さん)に時間変えてもらえるかお願いしようと思うんですけど」って。

 

これ、絶対だめですよ!!!!

 

「〇〇さんなら事情言ったらわかってくれると思うんで…」って、

わかりませんからね~。

事情なんて言ったら更にNGですからね~。

 

感じの良い常連さんこそ大事に最優先してくださいね(^^)

 

サロンの売上8割は、上位2割の常連様達で成り立ってる

という法則があります。

試しに、あなたのサロンでも計算してみて下さい。

 

優先順位は

新規様でもなく、たまに来てくれるお客様でもありません。

こんな時でもあなたを必要とし、サロンに来続けて下さっている常連様です。

 

実は併設サロンでも、少し前に売り上げが2ヶ月連続で落ちた時があり…。

3か月目の頭に改めて「常連様第一」で徹底的に話し合い行動しました。

そしたら当月すぐに売上アップどころか、コロナ前を通りこして史上最高売上が出ました。

 

辛い時期こそ、常連様を喜ばせる事に全力投球してみて下さい(^_-)-☆

 

・キャッシュの確保

・誠意ある行動

・常連様ファースト

 

それが店舗継続の絶対条件だと私は信じてます。

この記事を書いた人

長田 裕希子
東京美容矯正スクール学院長。
コウイチカツヤマサロン赤坂本店で店長を務め、「予約が取れないセラピスト」を独自で研究・達成し、2007年に開業。現在は経営と育成を行っている。
スクールブログでは、今までの経験を踏まえ、成功例や失敗例を交えながら『愛され稼ぎ続けられるるセラピストの秘訣』を得意の【長田節】で話すように綴る。
プライベートや美容情報は直営店Oceanのブログをご覧ください。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ