徳永静香

お尻とホルモンの関係性

講師の德永です。

 

※違う表情でまたまた登場(笑)

 

今回はお尻とホルモンについてです。

 

ホルモンはお肉ではなくて、体内で分泌される生理活性物質のホルモンです。そのホルモンとお尻の梨状筋(りじょうきん)という筋肉の関係についてお話をしようと思います。

 

なぜこの話をしようとしたか?

これは以前からですけど、お尻の筋肉がかちっと硬い方が多くて、お尻をもみもみする事が多いからです(笑)。お尻は男性も女性も大切な部位なんですが、あまり筋肉が凝り固まっていることに気づかないのです。この機会にお尻の大切さを少しでもわかって貰えたら嬉しいです(^^)

 


 

梨状筋(りじょうきん)とホルモン

 

※右の青い部分が梨状筋です。深い層に位置しています。

 

梨状筋はおしりの筋肉で、簡単に言いますと骨盤と大腿骨をつないでいる筋肉です。問題はこの梨状筋生殖器(女性の場合は子宮)と神経的にかかわりがある、というところです。この神経反射は様々な筋肉と様々な内臓が対応しており、他にも沢山の関係性がいたるところで結ばれています。

 

梨状筋=子宮

 

という関係ですのでお尻が固く張ってきたり、逆に筋力が低下すると生殖器系に影響を及ぼす危険性があるのです。

その影響で「エストロゲン」というホルモンの分泌がうまくいかなくなり、様々な美容障害が引き起こされます。

 

梨状筋は女性の美しさと深い関係があるのです!

 

お客様のお尻をもみもみする機会が多いのですが(笑)、お尻って案外触れないので皆さん声にならない声を上げます。ご自身のお尻がこんなにも張っていて、触られるとうひゃっ!ってなることに皆さんビックリされます!日常生活でお尻の筋肉はかなり酷使されているのですね。しっかりとケアしていきましょう♫

 


 

梨状筋エクササイズ

 

①まず、両足をそろえて経ちます。片方の足を90度外へ開きます(かかとをつけたままつま先を開きます)。

②開いた足を30センチほど横にスライドします。

③スライドした足のかかとを床につけたままつま先を上げます。その状態で背中を後ろにそらし、10秒キープ

この動作を左右10回ほど繰り返します。

 

 

やってみるとわかりますが、かなりおしりが疲れます。それだけ筋肉を動かせたということですね!

梨状筋をしっかり刺激してホルモンバランスを整えていきましょう。是非トライしてみてくださいね\(^_^)/

 

最後までお読み下さりありがとうございました!

この記事を書いた人

徳永 静香
【勝山浩尉智の美容矯正専門カレッジ】校長を務め、世界各国に生徒を持つカリスマ講師。ひとつひとつの技術に対し、理論と意味をわかりやすく教えます。さっぱりとした性格で、時に厳しく礼儀や接客態度も教え込み、人情味あふれる姿勢に生徒からの信頼も厚い先生です。
主に技術・理論・接客アドバイスを担当。当校の主任講師です。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ