◆Q&A

  • HOME
  • » ◆Q&A » 【よくある質問】技術はスタッフに教えても良いですか?

【よくある質問】技術はスタッフに教えても良いですか?

こんにちは!東京美容矯正スクールのおさだです。

今日は、お問い合わせでいただく事の多い件について、こちらでも回答したいと思います。

ご参考にしていただけますと幸いです(^^)/

 

サロン経営してます。私1人が習得すれば技術をスタッフに教えても大丈夫ですか?

結論から言いますと

残念ながら
NO
でございます。。。

 

これね~…気持ちわかります!

 

私も習い始めの頃は何も知識がなかったので、良いものだと思ってましたし(^^;)

「いつかサロン持ってスタッフとか雇えちゃったりしたら、この技術全部教えて一人前に育てよう!」って。

 

ですが、この技術とテキストの著作権は勝山浩尉智先生のものですので、

・テキストの内容をコピーして渡すこと

・テキストの内容をネットやメールで公開すること

・テキストの内容を、口頭などで他人に伝えること

等々は法律違反となるんですね。

 

 

もし、「知らなかった」でもやってしまったら

著作権の侵害となり、

損害賠償の請求が来たり、最悪、刑事罰の制裁も受ける事があります。

 

当校でも最初に禁止事項の説明をさせていただいておりますが、知らなかったでは済まされないので、しっかり覚えておきましょう。

 

 

 

スタッフに教えたい場合はどうすれば良いの?

この技術はとても素晴らしい技術ですから、自然と大好評メニューとなるでしょう。

そうなると、あなただけではなくサロンの推しメニューとして皆ができるようになってほしいですよね。

 

その際、スタッフにも習得させる場合は2つ方法があります。

①スタッフを当スクールに入校させる

当校はペア割というものがありますので、2人で受講すればその分かなりお安くなります。(価格はスクール説明の参加時にお話しいたします)

 

②スクールの分校資格を習得する

経営者様はこれがおススメです。基本3科目(整顔・オイルセラピー・フットケア)を習得すれば、分校としてスクールを開校できる権利がもらえます。(有料ではありますが、驚くほどの額ではありません)

経営をしていく際に「もう一つの収入柱」として力強いものになるので、あって損はないです。

 

 

さいごに:個人的な意見

②も受講する側(スタッフ)は受講料が発生します。が、①②共に、オーナーが受講料を払うより、個人的には本人に払ってもらう事をお勧めします。

 

なぜかというと

●技術は財産になるから

一生あなたのもとで働いてくれるとは限りません。辞めてしまったスタッフは技術は手に入ったままですが、あなたが費やした「命の時間」はゼロとなります。その際、マシーンを使うような技術であればまだしも、オールハンドは100%、一生の財産となります。

 

●無料には価値がなくなるから

命の時間とお金を使って覚悟を決めて習得しているあなたと、無料で教えてもらっている人には、どうしても様々な面で「重みの差」が生まれます。例えば同じペンでも100均で買ったものなら「100円だからいっか」で捨てれるけど、100万円で買ったペンなら絶対に捨てませんよね。

 

私は今まで「技術を教え終わった途端にやめてしまった」というオーナー様の話しをよく聞きます。

それは、最初から技術習得目的だったという将来地獄に落ちるであろう人もいますが、喧嘩して…とか、妊娠して…とか、そういった理由もあります。

 

そしてそれを何度か経験し、スクールを併設させてます。

 

私はかれこれ20年くらい前、この技術を習得する前に「どこか無料で技術習える所ないかな」って散々探しましたから、私みたいな人が来たら困るので(笑)最初からスタッフ希望も技術は外部と同額の「売り物」にしました。

 

併設サロンOceanのスタッフはなかなか増えませんが(笑)全員が覚悟を決めて入って来ているので、みんな長く在籍し、貢献してくれています。

 

 

特に技術者を経験したオーナーさんて、優しいんですよ。

もともと人の役に立つのが好きでこのお仕事をしているので、こういう時も「この子のために…!」ってひと肌もふた肌も脱いでしまうんです。

 

でも、それって本当に本人の為になってるかな?って考えてみて下さい。

好意だったとしても、こちらが簡単に与えるのと、本人が「喉から手が出るほど欲しい!」と覚悟を決めて取りに行くのと、どっちがその先その子が輝けるかなって。

 

もしあなたがどうしても習得させたくて、スタッフは受講料がないけど受けたがっている、というのであれば、分割にして貸してあげたら良いと思います。それでも習得したいのであれば本当に習いたいと思うので。

 

もしくは、受講料分の売り上げ(利益)を立ててもらう。

会社の不利益にもならないし、スタッフの成長にもなりますよね。

早く習いたいのなら、ただ長時間働くだけではいつまでたっても達成できないので、お客様単価を上げる工夫(メニューの追加や高額物販の売り方など)を指導をしてあげれば、その後の売上安定にも繋がるんじゃないかと思います。

 

 

スクールの開校方法については説明会でお話しさせていただきますので、お気軽にご相談下さいね。

 

関わる皆様のサロン繁栄、ぜひお手伝いさせてください(^^)/

 

▼その他のご質問はコチラ

よくある質問

この記事を書いた人

長田 裕希子
東京美容矯正スクール学院長。
コウイチカツヤマサロン赤坂本店で店長を務め、「予約が取れないセラピスト」を独自で研究・達成し、2007年に開業。現在は経営と育成を行っている。
スクールブログでは、今までの経験を踏まえ、成功例や失敗例を交えながら『愛され稼ぎ続けられるるセラピストの秘訣』を得意の【長田節】で話すように綴る。
プライベートや美容情報は直営店Oceanのブログをご覧ください。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ