徳永静香

臓器に触れるには?

東京美容矯正スクール

専任講師の徳永静香です♫

 

当校でお伝えしている技術の1つに

「内臓矯正」があります。

 

この内臓矯正は、

直接的にアプローチする方法と、

反射点を利用した間接的なアプローチの

二通りの方法でお身体を整えます。

 

では、直接的にアプローチするには

どうしたら良いのでしょうか?

 


「体の地図」を把握する

 

 

先日、この内臓矯正の授業中に

「内臓の位置が見えてないと的確にアプローチすることは難しいよねー!」って話になりました。

 

例えば…

・胃へアプローチするなら胃の位置

・子宮へアプローチするなら子宮の位置

・腎臓へアプローチするなら腎臓の位置

を把握する必要があります。

 

このときに大事なのは、

平面的な位置関係だけだはなく

深さの関係性もとても大事です。

これらの関係性を理解して初めて、

臓器にアプローチが可能となります。

 

で、内臓矯正の話に戻ります。

 

この日の授業は〝婦人科系〟の施術でした。

婦人科系の施術の中に、面白いことに!

〝胃〟の施術が入るんですよ∑(゚Д゚)!

オモシロイですよね〜。。

 

で、食道から胃に繋がる噴門部を

しっかりと捉えてないといけないのですが、

受講生だとまだ捉えきれないのです。

(先にも述べたように、胃が立体的に見えてないと内臓は捉えきれないからです。)

 

そこで私と一緒にやってみるわけです。

すると…

あら不思議!しっかりと胃に触れるんです^ ^

 

「わぁ、何かが手のひらに入ってきました…!」

おーい!何かは〝胃〟だろーーーっ‼︎

(どれだけビックリしてるんだい(爆笑)⁉︎)

っていうぐらいしっかり手の中に

〝胃〟が入り込んできます🎶

 

どれだけ「体の地図」が頭に入っているか、

ということが大事かわかりますね?

 


体に導かれる

 

「〝体の地図〟が見えていれば、

目的の臓器に触れることができますか?」

 

という質問が飛んできました。

皆さん、どう思います?

 

実は、それだけではちょっと難しいのですf^_^;

ちょっとした〝コツ〟が必要不可欠なんです!

 

この〝コツ〟は別講座の

【触れる講座】でお伝えしております。

ぜひ受講してみてくださいね🎶

 

ちなみに、この〝コツ〟を知らなくても

なんとか腹部の臓器には

達することができるかもしれません…が、

(胸腔内は…無理だと思います^_^;)

触れられているお客様はかなり辛いと思います!

 

なので、以前内臓矯正を習得した方で

【触れる講座】を受講してない方は

どうぞ受講しに来て下さい!オススメです!

 

・「体の地図」が頭に入っている

・体に触れる為の〝コツ〟を知っている

 

この2点ができていると、あら不思議!

受け手のお客様の体が受け入れ態勢になり、

スルスルっと体に導かれるように

目的の臓器に到達できます。

 


コツコツ取り組もう

 

「体の地図」を得るには、コツコツと

解剖学書などを見ることが必須です。

(地図無しで目的地に行くのはかなり困難ですし、時間もかかるし、迷いますよね…。)

 

お客様の体に触れるには、

しっかりとした地図を手にしていることで

短時間でスムーズに触れていけます。

 

地図無しの場合は触ってから

お腹の上でこっちかな、あっちかな?と

グニュグニュとお腹をこねくりまわすだろうし、

適圧で入らないので

お客様にも負担がかかります…。

 

お客様のためにも

自分のためにも

「体の地図」を明確にし、

触れるための〝コツ〟を体得しましょうね!

 

 

⚫︎内臓矯正とは

⚫︎【触れる講座】とは

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

徳永 静香
徳永 静香
【勝山浩尉智の美容矯正専門カレッジ】校長を務め、世界各国に生徒を持つカリスマ講師。ひとつひとつの技術に対し、理論と意味をわかりやすく教えます。さっぱりとした性格で、時に厳しく礼儀や接客態度も教え込み、人情味あふれる姿勢に生徒からの信頼も厚い先生です。
主に技術・理論・接客アドバイスを担当。当校の主任講師です。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ