徳永静香

【レポ】第六回美容矯正を語る会

東京美容矯正スクール

専任講師の德永静香です♫

 

本日無事に第6回目の語る会が終了致しました!

ご参加下さった皆様、スタッフのみんな、そして…

いつもありったけの知識を惜しみなく伝えて下さる…

勝山浩尉智先生!!

本当にありがとうございました\(^_^)/

 

通常ですと1つのテーマに対して勝山先生にフリートークをお願いし、

後半はお客様とのQ&Aというように進行していくのですが、

今回はモデルの体を大解剖!と題して

Ocean(当校併設サロン)スタッフの二人の体をモデルに

彼女たちの日頃の悩みと、体の状態をみて体を読み解いていただきました。


ケース①・荻原の場合

 

悩み:背中の厚み、くいしばり

 

体の状態:C1と後頭骨関節の圧縮、頭が前に落ち、首・肩・背中の筋肉が緊張

右肩が上・外・前に変位、胸郭のねじれ、右腸骨後方変位、右足短足など。

 

必要な施術:シンメトリー整顔、NMTオイルセラピー、クラニオパシーフットケア

 

施術デモ:肩甲骨・上腕骨・肋骨部の筋肉の解放、顎関節の矯正

 

〈MEMO〉

筋肉・筋膜へのアプローチには筋膜の「層」を意識しないといけない。

浅層・中間層・深層に位置する筋膜にそれぞれアプローチする方法がある。

ブロッキングはクライアントの体重を利用して骨盤を調整している。


ケース②・中津川の場合

 

悩み:座骨神経痛

 

体の状態:腰椎外側ヘルニア、梨状筋の過緊張、中殿筋の緩み

頭がかたい、腰方形筋緊張、横隔膜の動きが小さい、右足短足など。

 

必要な施術:シンメトリー整顔、NMTオイルセラピー、クラニオパシーフットケア

 

施術デモ:梨状筋の解放テクニック&エクササイズ

 

〈MEMO〉

ヘルニアがある場合、施術やエクササイズレベルで対応出来る場合と、

病院で治療をしないといけないレベルがあるので見極めが大事。

自分でこつこつとエクササイズを取り入れたり、運動する事が回復への近道。

梨状筋の過緊張から腰も張ってしまうし、頭蓋骨までかたくなる。


人はそれぞれ独自に悩みを抱えています。

体の悩みって、案外、長年悩んでいたりしませんか?

 

・なぜ神経痛があるのかな?

・なぜ外反母趾なのかな?

・なぜ足首が痛いのかな?

・なぜ食いしばるのかな?

・なぜ腰痛があるのかな?

・なぜ生理痛があるのかな?  …………?

 

そこには必ず理由があります

 

理由を知って、からだのしくみを知って、対処法を考えて、

必要な事は取り入れ、止める必要があることは止める。

自分の生活習慣の見直しが必須です。

 

そして、プロに委ねることも必要かな♫

 

次回の語る会は2017年最後!

11/18(土)に開催予定です(^_^)v

 

楽しみにしていて下さいね!!

↑ からの ↓

この記事を書いた人

徳永 静香
徳永 静香
【勝山浩尉智の美容矯正専門カレッジ】校長を務め、世界各国に生徒を持つカリスマ講師。ひとつひとつの技術に対し、理論と意味をわかりやすく教えます。さっぱりとした性格で、時に厳しく礼儀や接客態度も教え込み、人情味あふれる姿勢に生徒からの信頼も厚い先生です。
主に技術・理論・接客アドバイスを担当。当校の主任講師です。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ