長田裕希子

お客様に、次回の予約のご提案や物販の販売ができないとお悩みの方へ

東京美容矯正スクールのオサダです。

「私、お客様に次回の予約とか、物販のお勧めとかできないんですぅぅぅ・・・・」という施術者様、多いと思います。

わかるー!わかるー!私なんてめっちゃチキンですから~(* ´艸`)

 

 

私、これ克服するのに随分苦労しました。

 

でもね、ある日、気づいちゃったんです。

 

あ。私、自分の事しか考えてないからだ

 

って。

 

 


 

 

たとえば

 

Ⓐ「よーし今日はがっつり服買うぞ!」と気合い入れて行ったいつもの服屋で、服を手に取って「接客ウェルカム状態」をかもし出していても、誰も近寄って来なかったら「やる気ないわー。他行こう」ってなった事ありませんか?

 

 

逆に

Ⓑ「今日は買うモードじゃないけど見たいだけ」って時にガンガン来られると逃げたくなりますよね(笑)むしろイラッときたりも。(←だいぶ自分勝手)

 

 

そして質問です。

あなたのサロンは、Ⓐのお客様に来てほしいですか?Ⓑのお客様に来てほしいですか?

 

 


 

 

 

これって、サロンでの接客にも通用する事なのですが、悩みを改善したくて、施術を楽しみにしてご来店くださったお客様に対して「私、お客様に次回の予約とか、物販のお勧めとかできないんですぅぅぅ・・・・」って自分の都合で提案ひとつもなく帰してしまったら・・・・・?

 

そっちの方が失礼ってもんです(*‘∀‘)

 

「これからどういったペースで通えばいいですか?」って聞いてくれたのに対して、変に気を遣って「また来たいときに来てくださいね(^^)」などと言ったもんにゃーあまりのスルーさに「私嫌われてるのかな?」と誤解だってされちゃいます。(でもコレ、実際にけっこう多いんです。)

 

やる気で来てくれてる人は「施術効果を持続する」ために、「これからもっと良くなってもらう」ために

その道のプロとして出来る施術、そしてお伝えできる事を、持ってる知識フル動員でご提案してあげたほうがお客様喜んでくれますよ(^^)

※それも「自信をもって」お伝えしてくださいね。(←これ、とても重要です!)

 

 

 

 

 

 

話し変わりますが

 

ある人が言ってました。

 

「人間関係がうまくいってない人は、関係を大事にするからですよ~。」って。

 

 

関係を大事にするということは

 

自分の行動や言動を相手からどう思われるか(関係)を重要視して選択をすること。

 

そう、自分本位です。

 

例えば

 

・「ご新規のお客様に次回の予約促したら嫌がられるかな~」とか

・「アドバイスしたいけど、そんなこと知ってるよ(-_-メ)とか思われちゃうかな~」とか

・「これ以上言ったらしつこいって思われちゃうかも…」とか

 

さっきの

「私、お客様に次回の予約とか、物販のお勧めとかできないんですぅぅぅ・・・・」もそうですね。

「相手から嫌がられる自分」(関係)を大事にしてるから自信もっておススメができないんです。

 

 

 

はい、

ではなぜ

 

嫌がる人がいるのでしょうか。

 

 

それは

 

①しつこい

②的外れなコースや商品を売られた

③「そもそもそんなに気合いいれて来てない」を見抜けなかった

 

 

という事が考えられます。

 

 

の対策は、「松竹梅」や逃げ道(お客様が断りやすい選択)もきちんと用意すると良いですね。相手だってどんに小さな事でも断るのにかなりのストレスかかりますから。

例えばご新規様に対して「今後のプラン」について、

  • 松)週1×6回のコース(矯正効果は抜群ですよ~!)
  • 竹)月1のペース(現状維持ですが一番多いパターンです)
  • 梅)忙しい方はぜひご都合優先して、ご自分のペースでいらしてくださいね。

これくらいは選択させてあげると親切ですよね。

 

おっかないのは

「その場で予約するのか!?YESかNOか?!」だけの選択しかしない人。本当にストレスです(笑)やめましょう。

「次回の予約」も、「また来たいとき来てね」も同じ選択として、どちらを選んでも肯定(賛成)してあげてくださいね。

 

 

これ、私も経験あるんですけど(今度ブログにつづりますね)毛穴の角質除去のメニューで行ったのに、施術後に小顔のコロコロローラーを必死に売られた事があるんです。きっとそのサロンで目標にしてる数字か商品だったんでしょうね。

ピーリングジェルならまだしも。どんなに良い物、お得なメニューだったとしてもいらないものはいらないんです。たとえ自分が勧めたい商品だったとしても、その方に必要ない物は迷惑なのでやめましょうね(^^)。

 

 

 

これは、美容矯正というジャンルではほぼないと思ってください(#^^#)(キャンペーンなどでかなりの安値にしてしまうとあり得ますが)

興味なさそうな人は先に技術で結果を見せて、それで喜んでくれたら①で提案してあげるといいかもですね。

 

 

①②③すべて、「関係優先」すなわち「自分優先」が根底に出てますので、うまく見極めて提案してあげてください。

 

 

見極めのヒントは

 

人間(相手)を大事にしてみてください!

 

するとあーら不思議!

迷いなく行動や言動が出てきますよ~(^^♪

 

 

 

お客様は、あなたの「愛ある提案」を待ってます。

この記事を書いた人

長田 裕希子
長田 裕希子
東京美容矯正スクール学院長。
店長・開業・オーナーを経験し、11年目の今もなお「予約待ちセラピスト」として多くのお客様に愛されている。
スクールブログでは、今までの経験を踏まえ、成功例や失敗例を交えながら「愛されるセラピストの秘訣」を得意の【長田節】で話すように綴る。
プライベートや美容情報は直営店Oceanのブログをご覧ください。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ