長田裕希子

気付く事、伝える事は大切です。

東京美容矯正スクール学院長のおさだです。

 

 

普段は公開施術でのセラピストなのですが、最近は直営店のキャンペーンで完全復活してます。

 

 

今日は、

産休で一年ぶりのM様と、四年ぶりのN様を施術させていただきました。

 

お昼に来てくれたM様は1歳になったお子様の抱っこで右手が腱鞘炎チックになってて、いつも右腰に乗せるらしく、右の骨盤がパックリ開いてました。

 

当然お顔も歪んでいたのですが、施術中に

「わぁー顔が整ってきました!やっぱ長田さんだぁ〜」って。

 

しかも右腕触ってる時にです!!

 

 

 

そして夕方来てくれたN様(産婦人科のお医者さま)は、「最近顎が痛くてズレてしまっていて咀嚼ができないんです。。」と仰っていましたが、お体の調整が終わった時に

 

「わぁ!噛み合わせがもどってる!そう!これこれ!」

 

 

と感動してくれました。

 

首から上は触っていないのに!!

 

 

 

 

 

 

 

お2人とも、違う箇所から整うという事をよくご存知です。

 

 

私自身もお客様にそれを伝え続けていたし、ファンになってくれるお客様は【違う箇所から整う】のが大好きなお客様ばかり。

 

 

それを喜んでくれるお客様を見る時が、私自身も「この技術を選んで良かった」と思える瞬間です。

 

 

 

 

 

 

やって欲しい患部を触ることで満足を得る事は大事です。

 

でも「感動」はその先にあると思ってます。

 

 

そして、お客様は「感動」があるからリピートしてくれると信じてます。

 

 

 

 

 

勝山式美容矯正は【連動】や【全体】を大事にしてるので、

 

例えば顔(シンメトリー整顔)の施術でも、

 

顔が整ってどうなったのか、

 

骨盤がどうなったのか

肋骨の幅はどうなったのか

肩の位置は?

お顔の左右差は?

おでこの形は?

 

 

 

と、「観察する目」を養う特訓をします。

 

 

 

私は生徒のときは正直

「めんどくさ〜 早く技術やろ〜よ〜」

 

と思ってましたがw

 

これが「お客様に感動を与える特訓」だったんですよね。

 

 

 

 

 

更に言いますと

今までいろんなスタッフ見てて思うのは

 

【気づきが敏感なセラピストは売れます】

 

 

これ、ホントです。

 

ビフォーの状態を忘れてしまうようでしたらメモしてください。

 

「気づきの特訓」て

技術と同じくらい大切です(^^)

 

 

 

素晴らしい技術と

気付く目、

気付く手、

伝える力を養って

 

たくさんの大切な人を感動させてあげてくださいね(*^^*)

この記事を書いた人

長田 裕希子
長田 裕希子
東京美容矯正スクール学院長。
店長・開業・オーナーを経験し、11年目の今もなお「予約待ちセラピスト」として多くのお客様に愛されている。
スクールブログでは、今までの経験を踏まえ、成功例や失敗例を交えながら「愛されるセラピストの秘訣」を得意の【長田節】で話すように綴る。
プライベートや美容情報は直営店Oceanのブログをご覧ください。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ