長田裕希子

骨盤のゆがみ(脚組みについて)

こんにちは!東京美容スクールのおさだです。

みなさん ゴールデンウィークは満喫できましたか?
今年のお休みはお天気にも恵まれて楽しめた方も多かったのではないでしょうか。
反面、5月も中盤に差し掛かり 五月病を引きずっている時期かもしれませんね(^_^;)

寒暖差の多い今日この頃ですが 爽やかな気候が続く今のうちに 美容矯正で身体のバランスを整えて憂鬱な気持ちも吹き飛ばしましょ〜
さて、先日直営店Oceanに 2回目のご来店をされたお客様のお話です。

初回カウンセリングではお顔の左右差等のお悩みがあり、よく脚を組んでしまうとのことでした。
バランスチェックをしてみたところ骨盤の左右差もあったので、頭蓋骨共々、丁寧にしっかりと矯正させていただきました。

『前回あのあとどうでしたか?』と伺ったところ、
『体が自然と脚を組まなくても大丈夫になってた!』と嬉しいお言葉をいただきました
そうなんです。
脚を組む癖がある…ということは、もう既に体(骨盤)が脚を組みたがってる形になってる事が多いんです。


心あたりのある方、ご自分の骨盤を触ってみてください。
組みやすい方(組んだ時、脚がいつも上になる方)は、骨盤が内側に入ってて(骨盤が立ったような、飛び出てる感 じ)反対側は逆に広がってます。
広がった方のお尻の位置は下がってるので、腰回りの横の張り出しなども見てみて下さい。
…もう体がその状態になってしまっているので、やはりそういうふうに座るのが楽なんです。
楽なのでいつも同じように脚を組んでしまい、そしてさらにその状態を体が覚えてしまう…という悪循環に繋がります。
当然、他の部位への歪みにも繋がりますね。
内臓、肋骨、肩、顔…全身はおもしろいほどに繋がってます。
なので、どこかで気づいて止めなければいけないわけですが、
体(特に骨盤)が脚を組みたい状態で覚えてしまっているので自分の意識だけで戻すのは至難の業です。
そこで、セラピストとしてはスタートでまずきちんと矯正をして、
お客様自身に意識してもらう…という流れを作るのが ミッションになってくるワケです。

東京美容スクールでは関連する内臓も含め、頭からつま先まで全身の矯正技術を指導しています。
そして全身のバランスが整う迄、 根気よく施術を重ねてメンテナンスしやすい状態にしてあげる事が重要です。
歪みのない整った体を一度体験すると 悪い状態の時との比較ができるので 歪みや疲れを溜め込まない人間になれますよ!
体調を崩しやすい梅雨に向けて この時期に身体を整えることがとても大切になりますよ!

では!今月もあと少し。皆さん元気に美しくお過ごし下さいっ(*´∀`)

この記事を書いた人

長田 裕希子
長田 裕希子
東京美容矯正スクール学院長。
店長・開業・オーナーを経験し、11年目の今もなお「予約待ちセラピスト」として多くのお客様に愛されている。
スクールブログでは、今までの経験を踏まえ、成功例や失敗例を交えながら「愛されるセラピストの秘訣」を得意の【長田節】で話すように綴る。
プライベートや美容情報は直営店Oceanのブログをご覧ください。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ