徳永静香

関節の形は一つじゃないの!

東京美容矯正スクール

専任講師の德永静香です♫

 

美容矯正の技術で「骨格矯正」というものがございます。

骨格矯正と聞くと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

名前の通り、骨格を矯正するんでしょ~!って思いますよね?

まあ、そうなんですけれど。

 

もう少し正しく細かく言いますと、

「関節面の可動を、本来の可動域に戻す」

ということを行う技術でございます。

 

骨格に関しての歪みとは、基本的には骨そのものが歪むというより、

骨と骨との「関節」が何らかの影響を受けてずれることを指します。

ですから、美容矯正の「骨格矯正」は、

“各関節面の形をイメージし、可動域内で柔軟性を出す”

ということをするのです!!

 

そこで大事なのが…

関節の形状を知り、イメージして動かす事なのです。

関節って全て同じ形ではないですよ~~(^_-)!


関節の種類

● 球(臼状)関節・・股関節、肩関節など

● 蝶番関節・・足関節、肘関節など

● 鞍関節・・拇指の手根中手関節

● 楕円関節・・膝関節、顎関節など

● 車軸関節・・頸椎1番と2番の関節など

● 平面関節・・肩鎖関節、手根間関節など

形状はお持ちの解剖学書か、ネットで調べて見て下さい。

ここでは写真を参考にしてみて下さいね。

関節

 


このように、関節の形状は部位によって様々です。

機能によって形が違いますので、各関節面の形状を頑張って頭に入れましょう!

形状を知る事で、関節へのアプローチがちゃんとできます。

コツコツと解剖学は頭に入れていきましょうね(^_-)v。

 

当校で教えている「骨格矯正」は、

仙腸関節、足関節、股関節、腰椎、頸椎、肩関節、

肩鎖関節、胸鎖関節、肘関節、膝関節へアプローチします。

とってもソフトですがしっかり変化させられる手技です!

 

ちなみに私はサロンで施術するときに、

骨格矯正の全手技を10割としたら、

7~8割ぐらいは使用する事が多いです。

とにかく使い勝手が良いのです!!

オイルセラピーなどとの相性も抜群!オススメの技術ですよ♫

 

PCS骨格矯正メソッドの詳細ブログはコチラからどうぞ。

 

 

 

この記事を書いた人

徳永 静香
徳永 静香
【勝山浩尉智の美容矯正専門カレッジ】校長を務め、世界各国に生徒を持つカリスマ講師。ひとつひとつの技術に対し、理論と意味をわかりやすく教えます。さっぱりとした性格で、時に厳しく礼儀や接客態度も教え込み、人情味あふれる姿勢に生徒からの信頼も厚い先生です。
主に技術・理論・接客アドバイスを担当。当校の主任講師です。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ