カラダの話(解剖学的)

第一印象を決定!?表情の要はココ!

東京美容矯正スクール

専任講師の德永静香です♪

 

ひとの第一印象はまずお顔で決まることが多いようです。

最近はSNSの普及もあり、自分の顔写真をネット上にさらす機会も増えていますね。

写真の自分を世の人は勝手に「こんな人なんだろうなぁ~」と思い込みます。

ですから写真をアップするときは気をつけましょうね(笑)。

 

本日はそんなお顔の表情をつくる筋肉達(表情筋)のお話です。


表情をつくる筋肉群

人は顔の筋肉を多様に動かすことで表情を作ります。

産まれてから周りの人たちの顔を観察することで、自然と様々な表情を学びますね。

表情豊かな人もいれば、あまり豊かではない人もいます。

人は環境によって表情筋の使い方を変えるのです。

筋肉は使わないと衰えますから、できるだけいろんな表情が作れるといいですね♫

%e8%a1%a8%e6%83%85%e7%ad%8b

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、表情筋はどのような筋肉でしょう。

表情筋は一般的に薄くて扁平な筋束です。停止部の皮膚を動かすことで表情を作ります。

 

●頭蓋部→頭皮を動かす(前頭筋、後頭筋)

●眼窩部→まぶたや眉を動かす(眼輪筋、すう眉筋)

●鼻部→鼻を動かす(鼻筋、鼻根筋)

●口部→口を動かす(口輪筋、大小頬骨筋、口角挙筋、口角下制筋、上唇挙筋、下唇下制筋、頬筋、広頚筋)

●耳介部→耳を動かす(耳介筋)

 

たくさんの筋肉がありますね!

これらが連動して様々な表情を作り出します。

 

表情筋の要!「車軸点」とは?

さて、表情筋の中の部位で一番筋肉が多く集中しているのはどこでしょう?

そう、口部です(^0^)(^▽^)(^Д^)(^□^)(*^ー゜) (絵文字も口の動きがたくさん!)

 

口角の両脇に車軸点と呼ばれる部分があります。

口の内側と外側を、親指と人差し指で挟むように口角のすぐ脇をつまんでみましょう。

ぷくっと厚みが出る場所がありますね。車軸点はそこです!

車軸点から、口を動かす筋肉が広がるように付着しています。

ですからお口が様々な動きができると、表情も多彩なので写真を撮るときに、

「笑って!」「口角を上げて!」

と言われたらすぐに表情が作れるのです。

鍛えられていないとすぐには極上スマイルは作れませんョ!

%e8%bb%8a%e8%bb%b8%e7%82%b9

口周りの筋肉を動かす利点

●表情を多彩につくれるので印象が良くなる♪

●口角がきゅっと上がるのでキレイなスマイルがつくれる♪

●口周りがすっきりし、フェイスラインがあがる♪

●表情と心は連動するので心も豊かになる♪

●発音・発声がきれいになる♪

※左図の白い点が車軸点です。

 

簡単!エクササイズ

①「あ・い・う・べ~」体操

〝あ・い・う・べ~〟とできるだけ大きく口を動かすように、声を出して発音する。

「べ~」の時は舌をできるだけ出すようにすることがポイント!

 

②「車軸点」バイブレーション

〝車軸点〟を口の中側と外側からつまみ、少し頬の方へ持ち上げた状態のままバイブレーションさせる。

 

※回数は特に決まっていません。思い出した時にやってみて下さい(^_-)v

 

 

この記事を書いた人

徳永 静香
徳永 静香
【勝山浩尉智の美容矯正専門カレッジ】校長を務め、世界各国に生徒を持つカリスマ講師。ひとつひとつの技術に対し、理論と意味をわかりやすく教えます。さっぱりとした性格で、時に厳しく礼儀や接客態度も教え込み、人情味あふれる姿勢に生徒からの信頼も厚い先生です。
主に技術・理論・接客アドバイスを担当。当校の主任講師です。
受講のお申込みはこちらから
ページトップへ